Meeting

 

Top | RSS | Admin
永遠の23歳
2017年09月02日 (土) 14:45 * 編集
だいじな、たからもの。
なくしたくない、きもち。
だから、ずっと、ずっと、
いっしょ。


だから荒らさないでほしい。

至徳院釋普照妙美信女

合掌
謹賀新年
2007年01月10日 (水) 23:59 * 編集
明けましておめでとうございます。
私に関わってくれる皆様、本年も何卒宜しくお願い申し上げます。


新年早々暗い話題。
今日は1月10日。
私が入院を決めるODをした日だ。
こんな量大したことないと思って飲んだ
ハルシオン2シート
ヒルナミン1シート
ロヒプノール数錠
いつもなら、これの数倍は飲んでいた、はず。
この日もちょっと寝たいと思って軽い気持ちで飲んだんだ。
でも結果は違った。
多分、度重なるODで、私の肝臓とか腎臓とかは悲鳴を上げてたんだろう。
京都まで両親が迎えに来てくれたけど覚えてない。
それから病院とか行ったと思うんだけどそれも覚えてない。
実家に帰って布団に寝かされ、目が覚めて布団から起き上がろうとしたときの布団の重さは忘れない。
何十枚布団を重ねられてるのかと思った。
布団の上に鉛でも置いてあるんじゃないかと思った。
両手いっぱい力入れても布団が持ち上がらなかったんだ。
それくらい、私の筋肉にダメージを与えていた。
やっとの思いで布団から這い出した私は、ふらふらの足取りでトイレに行って、部屋に戻ってきてからなぜか襖に向かって話しかけ、襖に頬擦りをしていた。

我に返った瞬間、
心底自分が狂ってると思った。

もう京都で生活したいっていう選択肢はなかった。
落ち着ける場所が必要だった。
薬からも、刃物からも縄からも遠ざかった生活。

私、バカでした。
今もバカやけど、っていうか1年前はバカだったんじゃなくて狂ってた。
認めたくないけど。
認めなくちゃいけない。

1年前の今日は、こんな日でした。
イヴの鐘
2006年12月24日 (日) 09:55 * 編集
ここ数年、自慢じゃないがクリスマスに彼氏がいなかったことはなかった。つまり一人で過ごすことはなかった。

が、今年はついに一人で過ごすクリスマスがやって来た。
ま○いよ、忙しいのは分かる。しかしなぜ!何故クリスマスに合わせて帰ってこない!?
いやいいけど。怒ってないよ。

ブログ書かなくなったことが増えて、いちばん心配しているのが親なのですが、書いてない=普段と同じ生活でネタが無い、ということで元気に暮らしています。寝たりとかして。

あぁ~イブかぁ。
もうクリスマスなんて廃止にして「今年もあと1週間、1年の反省・来年の抱負」とかにしたらいいのに。大晦日ちょうど1週間前やし。
3年前から平凡な人生がいいと思った
2006年12月18日 (月) 23:02 * 編集
私楯になる あなたの楯になる ああそこで待っててくれますか

待っててくれなくてもいいよ!追いかけるから。
裂けてもいいとは思わないけど、あなたの味方でいたいです。
味方でいいというよりも、あなたの思想を見ていたいのです。
「私がいるから大丈夫だよ!」なんて偉そうな事は言えませんが、気付いたらそこにいる、そんなんで居たいです。

ヨエコはいいなぁやっぱり。
情念怨念執着絶対的な奉仕。
損と嘘なら全部私が引き受けますから。
ポジネガマン
2006年12月17日 (日) 00:58 * 編集
ちょっと前は人とは誰かが動かしているRPGのいち登場人物でしかないと思っていた。(今でも基本的には変わってない)
誰かっていうのがいわゆる神という存在であって、私なぞ「きたの もりは モンスターだらけで だれもとおらないんだ」しか喋らない村人Cくらいの存在でしかないと思っていた。なので村人Cがいなくなっても同じことを伝える誰かがいたら、それで事足りると思っていた。

でも最近は全員勇者なんじゃん?コントローラーは自分の!とか思い始めた。勇者を生産するのは相変わらず神なんだけど、勇者として生まれてラスボスを倒すために神は適当な時間をくれたんじゃないかと。
ラスボスは謎である。
とにかく恐ろしい、何か得体のしれないもので戦闘シーンまではその姿すらわからない。しかしその得体のしれないものと戦うために、いろんなイベントをこなして経験値を貯めてレベルアップしていくのだ。

ゲーム脳





何が言いたいかって最近生き方が主体的になってきたよってこと!
* Top * Next