Meeting

 

Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
天国の花 1~6
2005年06月02日 (木) 23:53 * 編集
07052212s.jpg稚野鳥子さん作品

中学のとき大流行して当時のクラスの女子みんなが秋くんに夢中だった。
そう、危険な男に憧れる時期だったのだ。
そんなことを思い出しつつブックオフで1冊100円で購入。

美大進学志望の主人公・流布は同じ予備校に通う秋くんの絵に憧れていたが、実際の秋くんは絵のイメージとは全くかけ離れていて乱暴で意地悪。
そんなふたりが流布の父親の秋くんの姉の婚約で、一緒に暮らすことになった・・・。

というかんじのストーリー。
これまたありきたりストーリーだけどその後の展開がまるで昼ドラのよう。道ならぬ恋に悩んだり記憶喪失になったりPTSD発症したりととにかく全6巻のわりに内容が濃すぎる。そんなんありですかみたいな展開ばっかりで・・・。
でも泣いちゃうのよ。号泣だった。
たぶん流布がすごく健気で一途で、「もうやめなよ」っていうところまで突き進んでしまうような子だからだと思う。傷ついても傷ついてもほんとうに好きな人と幸せになりたい・・・!

美しい漫画でした。
まだこの漫画で泣ける感性を持っていて良かった。
Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *