Meeting

 

Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
親の存在
2005年09月05日 (月) 23:33 * 編集
今日は父親の検査結果がわかる日だった。

結果は異常なし。健康体だそうだ。

思えばこの日まで家族のみんなはどうやって過ごしてきたんだろう。
離れていればいるほど、おおげさなまでの妄想はふくらんで
妄想の中のわたしは大学を中退して働いていた。
いちばんつらかったのは父親自身にちがいない。
電話の声をきいて安心した。明るい声で「なんともなかったよ」
でんわをきってわんわん泣いた。
もちろん安心して泣いたのが大きいけれど、ほかになんのために溢した涙だったんだろう。

激務に耐えながら家族ってい幸せを守り続けるとうちゃん。
心配の種ばっかり植え付けるわたし。
たぶん悔しさにも似た涙。

守りたいものがほしいです。
自分以外の。儚くてもいいから、無条件で慈しめるような人間に。

Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *