Meeting

 

Top | RSS | Admin
授業
2005年11月24日 (木) 22:22 * 編集
今日は授業に出られた。
といっても1コマだけなんですけど…。

少年法の授業に出た。色々考えさせられた。
安易に少年への厳罰化を叫ぶより、もっと先にすることがあるのでは?
少年の非行を罰するよりも、少年が非行を起こさない環境づくりを。
少年の非行を責めるよりも、地域の受け入れ体制の強化を。

少年はかわる。まだ若いんだから。
まだ染まりきってないから、何色にでも染めなおせるんじゃないか?
朱に交われば赤くなる、赤くなるのがいけないなら周囲のサポートで他の色に染めてあげることもできるのではないか?
非行の背景にある少年の影を、すこしでも光にかえてあげることはできないのだろうか?
Comment
人って物心着いた時にはもう染まってる気がする
2005/11/25(金) 21:02:37 * URL * しゅんちん #-[編集]
そうかなぁ
だとしたら救いがなさすぎて悲しい。
この歳でもいっぱい気づくことがあって変わることもあるんだから、少年なんてその気と信頼できる周りのサポートはがあればいくらでもやり直しきくんじゃないかなぁって思うのは安易なのかなー。
2005/11/25(金) 21:06:39 * URL * 623 #-[編集]
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *