Meeting

 

Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
RHAPSODY IN BLUE
2005年06月14日 (火) 23:46 * 編集
586s.jpg今きいています。高校生の時大好きだった曲。今も好きだよ。
作曲はジョージ・ガーシュウィン。
JAZZのスタンダードのサマー・タイムとかポーギーとベスとかアイ・ガット・リズムとかでも有名な作曲家である。
このラプソディー・イン・ブルーはオーケストラで演奏されていて、一応クラシックに分類されるのかな。でもJAZZ的要素がたっぷりだと思う。
久しぶりにひっぱりだして聴いてるけど、すごい発見がいっぱい。
こんな自由で広がりのある曲、ジャンルにとらわれずともめちゃかっこいい。
クラシックは吹奏楽をやっていたころに少しかじった程度でほとんど詳しいことはわからないから超個人的な意見(オーケストラに関して)だけど、音の厚みや熱気やなんていうか聴衆を音でつつみこむこと、緻密に計算されて構成された楽曲、音に没頭させることに関しては右に出るものがないカテゴリなんではないかと思う。
JAZZ以外でいちばん本格的にやってみたい音楽だ。
ジャズフルートももちろん大大大好きだけど、この天国にいるようなクラシックフルートも捨て難い。そういうふうにも吹いてみたい。

いいねいいね、ガーシュウィンのCDおすすめだよ。
Comment
ガーシュウィンいいよね!ガーシュウィン!

つーワケで、俺も今ガーシュウィンの曲が入ってるCDひっぱりだしてきた
コレ聴きながら寝よう
2005/06/16(木) 00:35:55 * URL * のりたま #xTFesClU[編集]
わたしはなんだか興奮してねむれないよーっw
アイ・ガット・リズムが好きだな。
あれでなーーーんとなく循環ていうものがちょこっとだけわかった。
2005/06/17(金) 06:21:24 * URL * 623 #-[編集]
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *