Meeting

 

Top | RSS | Admin
入院四十日目
2006年02月24日 (金) 20:48 * 編集
隣の部屋で携帯が鳴るのが恨めしいむつみです。携帯は時計代わりです。世界のみなさんこんばんは。

さて、最近は趣味のお散歩にも出ず、病院に大人しくひきこもっているのになぜか風邪をひきました。頭はガンガンするし吐き気はするし鼻水は出るしくしゃみすると腰が痛いし軽く熱もあって最悪です。でもここは内科も持ってるから風邪薬もすぐに出してもらえて便利ー。
鼻水くしゃみはもしかしたら花粉症のせいかもしれません。もう春だし。魔の季節だし。

今日は風邪以外は比較的安定して過ごせました。他のお部屋から苦情がくるほど泣かなかったし。苦しくならなかったし、脈も正常だったし、頓服の安定剤も貰わずに済みました。
たぶん昨日、消灯過ぎてトイレに起きたとき、廊下で会ったちーちゃんが、泣いているわたしに
「大丈夫大丈夫、ひとりじゃないから。むっちーはむっちーなりのペースで治療方法探していこう?」
って抱き締めてくれたからだと思います。

************

『独りで居れない者は人と共に居れない
独りで居れる者は人と共に居れる』
ここの情動コントロールの本に書いてあった。
孤独を知らないひとは他人に寄り掛かってしか生きられない、ってことかな。
それならわたしは孤独を知って、孤独を知る者どうし寄り添って生きたい。
でも、ほんとうの孤独ってなんだろう?
おうちで独りでお留守番?
無人島に独りきり?
なんか違うなぁ…
月曜の回診のとき、先生に聞いてみよう、孤独とは何ぞや、と。

明日はお風呂♪
Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *