Meeting

 

Top | RSS | Admin
入院四十五日目
2006年03月01日 (水) 21:56 * 編集
今日はみんなのお通じについて語り合い深刻になり、また笑った。
ここの友達はあまりお通じがよくないらしく、しょっちゅうゲリピーやベンピーで悩んでいる。不腸スパイラルだ。かわいそうに。たぶん薬の副作用のせいであろう。わたしもここに入院してしばらくの間は、薬が急にかわったのもあってベンピーでよく悩んだものだ。今は毎食後の薬に消化剤や整腸剤入りの粉薬(まずい・臭い・飲みにくい)が追加され、安定したお通じを保っている。好いことである。
三環系のお薬がベンピーになりやすいんだったっけ。入院前は新薬のSSRIだったかSNRIだったかを飲んでいたのでこれといった副作用はわたしにはなかった。しかし、いずれは退院することだし、もしもこの追加された粉薬無しになったとき、わたしは自力でこの子たちを産み出すことができるのだろうか。甚だ不安である。

美しくない話を長々としてしまった。

今日はカウンセリングがあったのだが、もうカウンセリングしてもらうネタも尽きてきて困っている。今って別に卒業できるかなーってくらいしか不安といった不安はない。
卒業できないのは病気のせいだから不可抗力もあるけれど、体調管理がゆきとどかなかった自己責任もあるわけだし仕方ない。
まぁなんとかなるだろう。
しかし、今までの人生の殆どを『ギリギリになればなんとかなる(期限ギリギリまで行動できない)』で過ごしてきたが、大学の単位の履修までその癖(ってかギリギリって期限すぎてるやん、5年め突入するやん)が抜けなかったのは遺憾である。
大学の卒業と共に『ギリギリになればなんとかなる(期限ギリギリまで行動できない)』という考えも卒業したいものである。

今夜は風が強い。踏み切りや電車の通る音まで風に乗ってきこえてくる。

明日はお風呂~♪
Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *