Meeting

 

Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
入院四十七日目
2006年03月03日 (金) 13:24 * 編集
あかりをつけましょぼんぼりに
おはなをあげましょもものはな

こんな寒いのに桃の花なんて咲くかいなと思っていたら窓から見える紅梅は満開に近づいています。寒さが億劫で、しょっちゅう行ってたお散歩も最近はぜんぜん行かずに、障子を閉めきったまま部屋でぼんやりしたりほかの入院患者さんたちとだべったりしていました。
それが今日、久々に障子をあけてみると、枯れ枝は確実に色づきはじめていました。
季節はめぐる。
止まっていても時間は過ぎる。
お彼岸が過ぎて桜の咲き始める時期に多分あたしは退院。

回診で先生に
「どうや、生きる希望は湧いてきたか」
ときかれて
「ばっちり湧いてます」
と答えた。
そりゃあ不安はたくさんあるけれど、戻ってしなければならないこと、ハードル、壁、はたくさんあるけれど、向かっていかなきゃいけないのよそこに。いつまでもここでぬくぬく過ごしてるわけにはいかないのよ。
Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *