Meeting

 

Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
入院五十一日目
2006年03月07日 (火) 22:57 * 編集
この3日くらい、腰が痛いです腰が痛いですとにかく腰が痛いんですと看護婦さんに訴え続けた成果か、午前中に先生が腰の痛いところに電気(低周波?よくわからん)マッサージをするためのポイントを打ちにきてくれました。
背中の下の方からお尻の上らへん、背骨を挟んで左右に油性マジックで4箇所、印をつけられました。4ツ星です。とりあえずお風呂のときちーちゃんに見せびらかしました。
午後になってそのピリピリマッサージを受け、一時は快方に向かおうかと思いきや時間が経つにつれてまたも襲い掛かる腰痛。やっぱり1回やったくらいじゃ治らないわよね、と自分に言い聞かせ、再び湿布を貼ってもらいました。もう冷やしたらええか温めた方がラクなのかもよくわかりません。
うぅ…でも昨日の晩よりかはましになっているような(気がする)。

それともう一つわたしを悩ませるヤツが。
もうヤツとは10年来の付き合いになります。腐れ縁とでもいいましょうか。春先に何も言わずやってきて、わたしをさんざん傷つけた挙げ句、GWの頃には詫びのひとつもいれず去ってゆくスギ花粉。
くしゃみで春がきたのがわかりますよー。
鼻がむずむずして目がしょぼしょぼして、仕舞いにはなんかもう顔じゅうが痒くなってきたらもう春本番ですよー。
ベッドに入ってこの日記を書いている今まさに、右の鼻が詰まっているのに垂れてきて、目が痒いです。

鬱も腰痛も花粉症も、所詮なったことあるひとにしかこの辛さはわかってもらえないんだー!!ウワーン

というわけでもう春なんですね。

病院にひきこもりっきりでも、季節の移ろいを感じています。

そういえばかなり余談ですが、去年の春合宿に通常より柔らか素材のティッシュを箱ごと持って行って、箱面(漢字で書くものなんかなー、ビッグバンド最前列のサックス隊に与えられる箱型譜面台です。)の下に常備し、唾抜き用として置かれている大きめの灰皿を鼻をかんだティッシュで山盛りにし、休憩時間のたびに灰皿いっぱいのティッシュをごみ箱に捨てに行ってたのを思い出しました。
あれからもう1年が経つのか。まだ1年しか経ってないのか。
そんなことは窺い知るところではございませんが、日々楽器の練習をしてても、ガリ勉してても、仕事に追われてても、祇園で大豪遊してても、病院のベッドに横になっていても、苦しくても、泣いていても、笑っていても、当たり前のように月日は皆平等に流れてゆきます。

当たり前で平等のようで、
それでも、誰かがなにげなく過ごしたいちにちが、誰かが必死に生きることを求めて、それでも叶わなかったいちにちかもしれません。

腰痛からえらく話が飛躍したけど、そんなこと考えつつおやすみなさい。

どうかわたしも含めた皆の明日が、笑って過ごせるいちにちでありますように。
Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *