Meeting

 

Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
発想が貧困
2006年05月13日 (土) 23:43 * 編集
mixiにジャコ・パストリアスのコミュニティがあるのだけど、そのトピックのに『Jacoについての信じられない一言』というのがある。
内容は、別の掲示板でトピ主さんがジャコに心酔してる云々書いたら「ジャコってベース上手かったですもんねー」というレスがついたことに対して、音楽的にも多方面に影響を与えて神がかった演奏を世に残したジャコに対して「上手い」はないだろ、ボキャブラリー貧困か若いから知らないのか?っていう感じのもの。

いや別にいいやん。上手いでも。
わたしもジャコの演奏たくさん聴いたわけじゃないから、そのトピ主さんからしたらカスみたいなファンかもしれないけどさ、ジャコの演奏聴いて「上手い!」って思ったならそれでいいじゃないの。
「上手い」を上回る表現でジャコの素晴らしさを説いてくれるのなら、まぁボキャブラリーが貧困ですよねっていうつっこみもわかるけど、そうじゃないなら「ジャコは神」って表現することと何ら違いが無いでしょ。
どうせわたしも初めてジャコのドナ・リー聴いた時、「すごいかっこいい」としか形容できなかったよ。どこがどうすごいのか、ことばで表せないところで色々思うところはあったけど、それを他人に伝える程語彙が豊富でないことへの逃げかもしれない。
批評家になるには批評するアーティストと並ぶ位の実力がないとだめなんでしょうかね?

同じトピックにアマゾンの『ジャコ・パストリアスの肖像』のレビューを書いてる人に噛み付いてる発言もあった。そのレビューは「これはいいけどこれとかつまらん、大したことないです」みたいな内容だったのだが、なんでそれが駄目なのかな?何のためのレビューなんだろ。
少なくともわたしはそのレビューに対して悪意は感じられなかったけどなぁ。別ジャンルのジャズを聴いてる人がジャコ聞いたらこう感じました、というだけで。大勢の人が読むレビューに欠点を書くことが許せないのだろうか。じゃあ何のためのレビューなんだろう。

万人に対して遍く受け入れられる音楽ってあると思いますか?
ないと思うよ。
盲目的にジャコは神!!と崇める人も居れば、わたしはちょっと苦手って言う人が居ても何も不思議じゃない。
月並みだけど感性なんて人それぞれ。好きじゃない人に「こういうとこが素敵なんだよ」って説明するのは難しい。それをする前からジャコの良さがわからないなんて┐(´∀`)┌ヤレヤレみたいなのって始末に負えないなと思ってしまう。



去年とってた文学部の授業で先生が
「絵画を見ることは何も難しいことじゃない。ある絵を見て、良いな、綺麗だなと思えばそれでいい。大事なのは良いと思った感性。その感性を磨くために色んな絵画を見ればいい」
というようなことを毎回仰っていた。
考えてみれば当然のことだけど、その言葉には納得した。
「あ、いいな」
って思うことが入り口になると思う。

ジャズに限ったことじゃないかもしれないけど、なんか変にプレイヤーを神格化したり崇高にしたがったりするファンが多くて、そういうファンにうんざりさせられることが多い。
したけりゃすればいいけど、それを押し付けることは辞めて頂きたい。
せっかく入り口を見つけた人が、門番もどきに邪魔されて入れないなんて。


話はちょっと変わるけど、何でジャズって『ジャズ入門』みたいな本が多いんだろ。(わたしも何冊も読んだけどね…)
『ジャズ入門』で紹介されたCD買って、あーこういうの合わないわで終わったらもったいないじゃんか。せっかく入門しようと思ってるのに。

バリバリのメタラーに「ビル・エヴァンスのワルツ・フォー・デビィがいいですよ」って薦めても「やっぱいいっす」ってなりそうじゃないか?もちろん「いい」って思う人もいるだろうけど。
最近ジャズ批評家で有名な某氏の著書を立ち読みしてそんなこと思った。

なので「おすすめのCDありますか?」って言われると困ることが多い。
楽器を実際にやってる人や、他ジャンルの開拓に燃えてる人にはわりと個人的な好みと、知名度(これは手に入れ易いことを考えて)で薦めるけど。
でも楽器もやってなくてジャズに縁遠い音楽しか聴いたことない人に対しては、さしてジャズに詳しくないわたしが薦めた1枚で、ジャズに興味を持った人を萎えさせたらやだなーと思うと下手に薦めるのは憚られる。
難しいな。
とりあえず「今どういう音楽が好き?」って聞き返して、無い知識振り絞って「うぅん…これかなぁ。あんまりピンとこなかったらまた考える。とりあえずピンと来なくてもそのCD捨てないでね、後でいいと思うかもしれないし!」と、控えめに薦めつつ強引に残してもらうことしかできない。
何がその人の琴線に触れるかなんてわたしにはわかりません!

結論:ジャズ至上主義で大げさに言えば選民思想持ってるような人は正直嫌い。他のジャンルを小馬鹿にする人はもっと嫌いー。
※ジャズに限らないかもしれないけど、たまたまわたしがジャズ好きになってからけっこう『ジャズこそ至高』みたいな考え方が多いように感じたので。


Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *