Meeting

 

Top | RSS | Admin
その日、三十度以上
2005年06月26日 (日) 23:59 * 編集
※今日の日記は長いです。

ハードスケジュール。
9時半には福永楽器に着きたい。
11時には神戸ハーバーランドに着いてイベント見まくりたい。
イベント終了後は大阪戻ってキディランド行って、ハービスのJEUGIA行ってタワレコ行って京都戻ってごはん食べて帰宅。
9時半に福永に着くためには7時半には西院を出なければならない。よって起床時間は最低6時半。

見事こなしました(つД`)

福永では、ネックの凹み、上タンポのツバ漏れ、低音域のキーの重さが気になっていたのでそこ中心に見てもらった。今は吹奏楽のコンクール前の時期で、楽器やさんはテンテコマイみたいだから当然預かりを予想していたが思った以上に修理は迅速に行われた。おじさんありがとう。

やばいと思ってたネックの凹みも「これぐらいなら問題ないよ。どうしてもって言うならこっち(店ね)が空いてから持っておいで。それぐらい大丈夫」なーんだ。でもこれ以上凹みをつくらないように大切に扱おうと決心。上部タンポのツバ漏れは、たまたまわたしの吹き方でのツバの通り道がタンポのほうを通っているだけで、タンポ自体には問題ないとのこと。ただやっぱりツバとりちゃんとしなきゃタンポのいたみは早まるからこまめにツバをとることを薦められた。低音部に関してはわたしの小指が極端に短いためにキーを全押ししたときにCのキーがよく浮いた状態になるのを補正するために、キーの位置を少し変えてもらった。そんなことあんな短時間でできるなんてびっくりしたわ。それ以外にはとくに問題もなく吹ける状態であるとのこと。ヨカッタ!!
預かりを見越してテナーを持ってきたのに預かってもらわずにすんだため1日じゅうテナーを持ったまま移動するはめに・・・。よかったんかなんか・・・。
(テナー持ち運んだ人にはあんまりピンとこないかもしれないけど、あれ持ち運ぶのかなりきついんです。楽器そのものの重さとケースの重さで、肩がやられます。もうピッチャーは無理です。)

それから本日のメインイベントの神戸のアマチュアビッグマンドのイベントへ。私たちが到着した頃には客席はほぼ満席で、人の隙間をぬってようやく席を確保。が、久々に見たダンディーデュークスのおかもとあいさんとどうしてもお話がしたくなり、ひとり席を離れて必死にあいさんを探す!会場内をぐるぐるまわっているうちにあいさん発見!まだメンバーの方とお話してる状態だったのですこし離れて話しかけるタイミングを伺っていた(かなりあやしかったと思う。)話が途切れたと思われた瞬間「今だ!」とばかりに背後から肩をたたいて
「あのう、おかもとあいさんですよね?わたし今RUSHでテナーやってるものなのですが・・・」と話しかけた。今思えばこれも相当あやしく、あいさんも引いていたと思う。しかしあいさん持ち前の(?)愛想のよさで快くわたしと少しの時間お話をすることを承諾してくださった。
あいさんは、わたしの4つ上の人で、わたしの存在を知らなかったわけなのだが、わたしは入部当初「あんたみたいにフルートしかできないで入ってきて、それからバリバリアルト吹いて卒業して、今も社会人フルバンでバリバリやってる人もいるんだよ」という話をよく聞かされていたので、一方的に親近感を抱き(迷惑だな)いつか話してみたいと思っていた憧れの女性だったのだ。
あいさんは細くてかわいらしくて美人でおしゃれで気さくでもうなんちゅうかこの人に惚れない男は男ちゃうやろとわたしが勝手に思っているような人だ。
わたしもフルートで入ってきてサックスやってるけど最近RUSHに入ってサックスの練習に悩んでいるというわたしの悩みにとても感じよく答えてくれてかなり勉強になった。心に残ったのは自分の理想の音をとことん追求すること・負けん気とRUSHに誘われた自信をもつこと。どっちも最近の病み闇で忘れかけていたことだったので大変参考になった。ほかにもコピーの重要性なんかを熱く語ってくれて、さらにプロで立派に活躍されておられる同じくダンディーデュークスのメンバーでもいらっしゃるテナーの栗田さんを紹介してくださった。やはりその方もJAZZYなアーティキュレーションを身につけるのはコピーが一番の近道であることをおっしゃっていた。それでジョージ・コールマンやジョー・ヘンダーソンの吹き方なんかが参考になるからいちど聞いてみるといいよと具体的なプレイヤーの名前も挙げてくださった。(ちなみにわたしの敬愛するグリフィンやゴルソンは一蹴された。まぁ好みもあるんだろう、と思っておく。)
コピーの重要性なんかは今年のRUSHが始まった頃からコンマスが口をすっぱくして言っていたことだから今更実感したと言ったらコンマスに失礼だが、今日のふたりのお言葉でかなり活路を見出せたように感じた。あと努力を始めるのに遅すぎるということはないということ。
もしこれを読んでくれてるD軍の子がいたら、わたしみたいにD軍に悔い残しまくったまま終わったふうにならないようにできるだけはやく実行してほしいと思う。
普段滅多に知らない人に自分から声をかけることをしない(というかできない)わたしにとって、あいさんや栗田さんとお話できたことは、それ自体がすでにわたしの「やればできるんだ」魂に火をつけたのでほんとうに満足している。
一生懸命話そうとしてる人に対して、相手はそれ相応の答えを返してくれる。それを感じたことも嬉しかった。握手してくれた栗田さんの手の大きさと暖かさも忘れない。

あとフラフラしてた私はあの偉大な先輩ひろさんともたくさん話をすることができて、わたしの病気についてもかなり理解を示してくれて嬉しかった。今日ひろさんにはいろーーーんな事情でものすごく迷惑をかけてしまったのだが、そのお礼は夏合宿でひろさんと再会するときに、今よりも前に進んでいることでお返ししようと決心した。

ほんとうわたしは、まわりの人に恵まれている。
実感したのがこんな遅くて恥ずかしいけど嬉しかった。

今日話した人へのお返しや、今わたしのまわりにいる人へのお礼は言葉よりも態度で示していくことがいちばん説得力のあることだと思っている。
大好きな音楽と離れないためには音楽に大好き度をどんどんアピールしなければならない。

今日のハーバーランドでの出会いはかなり大きな転機になった。
もう長くなりすぎるのであとは今日梅田のタワレコで買ったCDの記録。
Milesrones / Miles Davis
At yoshi's / George Coleman
PRES AND TEDDY / Lester Young and Teddy Wilson Qualtet
Live in London / Yusef Lateef
WORK OUT / Hank Mobley
THE ROAD OF '74 / Buddy Rich
CONSUMAMATION / Thad Jones・Mel Lewis
GIANT STEPS / John Coltrane

たくさん買ったからまだまだ未消化だけどほとんど名盤でまだ持ってなかったのかってのが多い(そんなんまだまだたくさんあるけど・・・)
ジャイステに関しては、某氏から
「テナー吹きのくせにジャイアント・ステップスすら持ってないなんてなんてことだ!非国民に値する!」
と言われたため本日やっと購入。とりあえず非国民脱出だ。
今タワレコはポイント2倍だからタワレコでお買い物するといいよー。
なんか今日一気にカード埋まったもん。

まだ書き足りないこともある気がするけど、ハーバーランドでの出来事を書けたので満足です。
長々と読んでくれた人ありがとう。
Comment
・ぎゃ
非国民でし。
あと、悔い残しません。
中途半端に残してたコピー再開。
2005/06/28(火) 00:46:36 * URL * いりゑびす #-[編集]
その意気だ!
いりえは色々わりと早い時期から考えててえらいと思う。
うまくなるよきっと。
わたしも負けてらんない!
2005/06/28(火) 01:01:13 * URL * 623 #-[編集]
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *