Meeting

 

Top | RSS | Admin
学祭オワタ
2006年11月20日 (月) 20:31 * 編集
うわああああああああああん
打ち上げに行けなかったよおおおおおおおおおおおおお

でも前日いくちゃんとまきちゃんと色々語ったのが楽しかった。
自分がいかに恵まれた環境でぬくぬく、のうのうと生きてきたか痛感した。
何しててもどんなに喧嘩しても最後は私のやりたいことをさせてくれた親。

ガッツというかハングリー精神が他人より欠けるなぁと最近思う。
自称負けず嫌いだけど「負けた」という位置づけが嫌なだけで、勝ちに行ってる訳ではない。

ハングリー

満たされ過ぎて忘れたのか、元々持っていないのか。
猛烈な勢いで過去を振り切って進みたいけれど、振り切ろうとしているようで実際ものすごく過去に捕らわれているんじゃないだろうか。記憶力ないけど、きっとのうみその何処かには色々蓄積されていて、何かの拍子にどろどろどろーーーーーーーっと流れてきそうな気がする。そして流れてきた過去に蟻地獄の如く飲まれていく自分のイメージが、払拭できません。過去は捨てたいモノだと思っているようです。

過去は消えないだろう
未来も疑うだろう

有名なうたです。
未来は疑いません。
過去は絵具を悪戯にぶちまけたような、思い出すということはそれを紙の上で素手でかき混ぜるような、冷たい、爪と皮膚の間に染み込んでとれなくなるような、そんなイメージ。

別に、美しい、楽しい、嬉しい思い出が無いわけではないのです。
只、過去は泥塗れ。

嗚呼 化粧箱に 映った女には
嗚呼 清く正しい 過去は無い

過去が清く正しくないのだから、未来は清く正しいものでありましょう。
今の所、未来は疑っていません。
未来は安寧に満ちている。
Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *