Meeting

 

Top | RSS | Admin
恥を捨て、全身全霊をかけてお送りします
2006年05月15日 (月) 23:56 * 編集
これが私の本性です。
捨て身で答えました。

【KAT-TUNバトン(anegoスペサル)】

<後輩編>
1/あなたの会社にやってきた新人社員は
A:「先輩しっかりしてくださいよ」デキる後輩亀梨和也
B:「ネクタイはずしちゃダメっすか?」ちゃんと着なさい田中聖
C:「…コピーってどうやってとるんですか…」先行き不安な上田竜也

だんとつでAの亀チャン!!
「ごめんねぇ」
「もぉ~」(ほっぺたぷぅってして)みたいな!


2/今日は朝から外回り営業!新人君も一緒です
A:「(…名刺忘れた!)」赤西仁
B:笑顔でゴリ押し田口淳之介
C:日の当たる席で粗茶がおいしい中丸雄一

Aの仁くん。
名刺なんてなくても仁くんならすぐ覚えてもらえるよう


3/ランチタイムにホッと一息「一緒に昼食いませんか」
A:お母さんの作ってくれたお弁当な中丸雄一
B:近くのお店のランチタイムクーポン持参田口淳之介
C:「奢ってくださいよ♪」赤西仁

Cの仁くん。
「しょうがないな~もう!ちゃんと埋め合わせしてね♡]」


4/上司に怒られてしまった…
A:休憩室でそっとコーヒーを入れてくれる亀梨和也
B:何も言わずに自分の仕事を黙々頑張る上田竜也
C:「俺なんて今日10回は怒られてますよ!」元気に慰める田中聖

Cの聖!
「マジでwwそりゃ勝てんわwwwさー気を取り直して頑張るぞ!ありがとね☆」


5/仕事が終わらない!残業です。
A:「俺何か手伝いますよー」先には帰れません中丸雄一
B:「お先に失礼します♪」意気揚々と帰る田口淳之介
C:「…」うっかり居眠り亀梨和也

Cの亀たん。キャワイイ…
仕事終わったらつんつんして起こす。
「こらこら、こんなとこで寝ちゃだめだよう」
「ふぁ、俺寝てました?スイマセン…」


<恋人編>
6/仕事が終わってデートの待ち合わせ
A:「もう着いた?じゃ、今車回すから待ってて」赤西仁
B:「接待が入って行けなくなった…ごめん!本当ごめん!」田中聖
C:「早くー」メールで催促上田竜也

圧倒的にAの仁くん
助手席に座ったら無言でこっち向いてニコって笑って私の髪の毛くしゃ
これしかない。


7/仕事が早く終わった日はお家でディナー
A:「ね、このワイン開けてもいいでしょ?」亀梨和也
B:「ねーまだー?」くっついてたら料理が出来ません赤西仁
C:TV見ながらひとり言?つっこんだ方が良い?田口淳之介
D:「すげー!うまそー!」じっとしてられない田中聖
E:「これ何?いつの写真?」勝手に見るなよ上田竜也
F:「なんか手伝うことない?」ウロウロ中丸雄一

これは…選べん!!!!ウロウロゆっちかわいいよ!!!!
しかし決死の覚悟でBの仁くん
「もうちょいだから待ちなさーい」
「はぁ~い」←でもくっついてる


8/終電がなくなってしまいました
A:「ベッド、右側と左側どっちが良い人?」ニヤッと確信犯亀梨和也
B:「そーゆうの一切無しで泊めてください!(@黒沢)」嘘つけ!赤西仁
C:小一時間悩んで悩んで葛藤して結局泊まる田口淳之介
D:「と、泊まってっから!」照れてる?田中聖
E:「眠くなってきた…ベッドこっち?」コラコラコラコラ上田竜也
F:「俺ソファで良いから!」落ち着かない中丸雄一

Bの仁くん
「ほんとに何もしない??」
「…わかんねっす、いやいやいやしません!!」

確信犯亀たんも捨て難い。


9/朝の様子を、お書きください。

多分眠れないからずっと寝顔見てるな私。
仁くんが起きたら「おはよ」
「あれ、もう起きてんの?早いっすね」
「仁くんの寝顔がかわいくてずっと見てた♡」
「ばか」(髪の毛くしゃ。)
そしてここで仕掛けたら私の負けなので何とも思ってないフリで「朝ごはんつくるね」って言って起き上がろうとする。
反射的に仁くんが私の腕を掴む。
「どした?」
「や…なんか…もうちょっとこうしてたいなと…」
「なんで?」
「なんでもないっす!」
「なーんでっ??」
「なんでもねぇよっ」(フテ寝しようとする)
「あそう?じゃ、ごはんつくってくるよ。何食べた・・・ぃ!?」
仁くんにギューされる。
「しょうがないなぁ~」ってよしよしする。
ベッドでとりとめのない会話する。
で最後に仁くんが「ふたりのときはむつみって呼んでいい?」




馬鹿かお前。


発想が貧困
2006年05月13日 (土) 23:43 * 編集
mixiにジャコ・パストリアスのコミュニティがあるのだけど、そのトピックのに『Jacoについての信じられない一言』というのがある。
内容は、別の掲示板でトピ主さんがジャコに心酔してる云々書いたら「ジャコってベース上手かったですもんねー」というレスがついたことに対して、音楽的にも多方面に影響を与えて神がかった演奏を世に残したジャコに対して「上手い」はないだろ、ボキャブラリー貧困か若いから知らないのか?っていう感じのもの。

いや別にいいやん。上手いでも。
わたしもジャコの演奏たくさん聴いたわけじゃないから、そのトピ主さんからしたらカスみたいなファンかもしれないけどさ、ジャコの演奏聴いて「上手い!」って思ったならそれでいいじゃないの。
「上手い」を上回る表現でジャコの素晴らしさを説いてくれるのなら、まぁボキャブラリーが貧困ですよねっていうつっこみもわかるけど、そうじゃないなら「ジャコは神」って表現することと何ら違いが無いでしょ。
どうせわたしも初めてジャコのドナ・リー聴いた時、「すごいかっこいい」としか形容できなかったよ。どこがどうすごいのか、ことばで表せないところで色々思うところはあったけど、それを他人に伝える程語彙が豊富でないことへの逃げかもしれない。
批評家になるには批評するアーティストと並ぶ位の実力がないとだめなんでしょうかね?

同じトピックにアマゾンの『ジャコ・パストリアスの肖像』のレビューを書いてる人に噛み付いてる発言もあった。そのレビューは「これはいいけどこれとかつまらん、大したことないです」みたいな内容だったのだが、なんでそれが駄目なのかな?何のためのレビューなんだろ。
少なくともわたしはそのレビューに対して悪意は感じられなかったけどなぁ。別ジャンルのジャズを聴いてる人がジャコ聞いたらこう感じました、というだけで。大勢の人が読むレビューに欠点を書くことが許せないのだろうか。じゃあ何のためのレビューなんだろう。

万人に対して遍く受け入れられる音楽ってあると思いますか?
ないと思うよ。
盲目的にジャコは神!!と崇める人も居れば、わたしはちょっと苦手って言う人が居ても何も不思議じゃない。
月並みだけど感性なんて人それぞれ。好きじゃない人に「こういうとこが素敵なんだよ」って説明するのは難しい。それをする前からジャコの良さがわからないなんて┐(´∀`)┌ヤレヤレみたいなのって始末に負えないなと思ってしまう。



去年とってた文学部の授業で先生が
「絵画を見ることは何も難しいことじゃない。ある絵を見て、良いな、綺麗だなと思えばそれでいい。大事なのは良いと思った感性。その感性を磨くために色んな絵画を見ればいい」
というようなことを毎回仰っていた。
考えてみれば当然のことだけど、その言葉には納得した。
「あ、いいな」
って思うことが入り口になると思う。

ジャズに限ったことじゃないかもしれないけど、なんか変にプレイヤーを神格化したり崇高にしたがったりするファンが多くて、そういうファンにうんざりさせられることが多い。
したけりゃすればいいけど、それを押し付けることは辞めて頂きたい。
せっかく入り口を見つけた人が、門番もどきに邪魔されて入れないなんて。


話はちょっと変わるけど、何でジャズって『ジャズ入門』みたいな本が多いんだろ。(わたしも何冊も読んだけどね…)
『ジャズ入門』で紹介されたCD買って、あーこういうの合わないわで終わったらもったいないじゃんか。せっかく入門しようと思ってるのに。

バリバリのメタラーに「ビル・エヴァンスのワルツ・フォー・デビィがいいですよ」って薦めても「やっぱいいっす」ってなりそうじゃないか?もちろん「いい」って思う人もいるだろうけど。
最近ジャズ批評家で有名な某氏の著書を立ち読みしてそんなこと思った。

なので「おすすめのCDありますか?」って言われると困ることが多い。
楽器を実際にやってる人や、他ジャンルの開拓に燃えてる人にはわりと個人的な好みと、知名度(これは手に入れ易いことを考えて)で薦めるけど。
でも楽器もやってなくてジャズに縁遠い音楽しか聴いたことない人に対しては、さしてジャズに詳しくないわたしが薦めた1枚で、ジャズに興味を持った人を萎えさせたらやだなーと思うと下手に薦めるのは憚られる。
難しいな。
とりあえず「今どういう音楽が好き?」って聞き返して、無い知識振り絞って「うぅん…これかなぁ。あんまりピンとこなかったらまた考える。とりあえずピンと来なくてもそのCD捨てないでね、後でいいと思うかもしれないし!」と、控えめに薦めつつ強引に残してもらうことしかできない。
何がその人の琴線に触れるかなんてわたしにはわかりません!

結論:ジャズ至上主義で大げさに言えば選民思想持ってるような人は正直嫌い。他のジャンルを小馬鹿にする人はもっと嫌いー。
※ジャズに限らないかもしれないけど、たまたまわたしがジャズ好きになってからけっこう『ジャズこそ至高』みたいな考え方が多いように感じたので。


大風呂敷を広げすぎて収拾がつかなくなる話
2006年05月12日 (金) 23:42 * 編集
名前を忘れてしまったけど、京都に「コードから自由になってインプロヴィゼーションしよう、コードがなくてもタイム感で音楽は成立する」(なんか違うかも…とにかく無調でswingとCDには書いてあった)という論理を組み立て、それを信念にピアノだかシンセサイザーだかをしている方がいるらしい。

その人のCDをきいてて「わけわかんねーw」となったことからふと「自由ってなんだろ」という疑問が頭に浮かんだ。
わたしはそのCDをきいて「推理・サスペンスの2時間ドラマで流れそう」と思った。演奏してる人は自由にやってるのかもしれないけど、わたしにはその『自由さ』が伝わってこなかったの。

んで自由ってなんだろ。

人はある程度自由を求めたがる傾向にあると思うけど、普遍的な自由ってあるのかな。
その人の育ってきた環境によって自由レベルは変わる。
親からすごく厳しくされてきた人は家から出ると自由になれるかもしれない。
何らかの差別で迫害され続けた民族の人々は差別がなくなれば自由かもしれない。
規則で雁字搦めな学校に通ってたら、卒業したら自由だと感じるかもしれない。
他人の評価を気にせず生きられたら自由かもしれない。
日本国憲法で示される自由。(思想・良心の自由、信教の自由、学問の自由、表現の自由、集会・結社の自由、職業選択の自由、居住・移転の自由、人身の自由、など)

これら全て『相対的な自由』だと思う。
じゃあ『絶対的に自由』ってあるか?

例えば「自由に絵を描いてみましょう」って言われて紙とペンを渡されたとする。
どんなに自由に描いても「ここは○の集合体だね、これは木かな?こっちは人間の顔を崩して描いたんだね」とか何かしら既存のものに縛られる。描いてる本人が自由に描いたとしても。
さっきの無調でswingとかも、きく人によっちゃ「これ2時間ドラマの曲みたいね」って評価される。

権利としての自由、じゃなくてもっとそういうのを超えた自由ってないのかな。

そんなこと考えなくても、表現者が自由に表現していれば自由じゃないの?とか、制約あっての自由だ、とかいう考え方も持ってはいる。

けどなんかこうもっと何にも形容されないようなやり方ってないんかな。
生きてる限り、評価したり評価されたりする。もちろんそういうのが駄目とかは思ってない。

私の場合、不自由だと思うのはどうしても他人の評価が気になるということ。
じゃあ無人島にでも行けばいいじゃん?
でも無人島に行けば今度は他人の評価から自由になる代わりに、生きることそれ自体が制限されると思う。お腹がすいて死ぬかもしれないし、獣に襲われて死ぬかもしれない。

それは何かわたしが探してる絶対的な自由とちょっと違う。
そもそも絶対的な自由に定義ができるかも疑問。
そこまでいったら自由=幸せかどうかもわからない。
けど在るのか無いのか知りたい。

結局今のところ、わたしにとって絶対的な自由が見つけられそうなところは『死ぬこと』しかない。
生きて居る限り、身体的にも精神的にも解放される状態ってないんじゃないだろうか。からだがある限り何らかの制約がある。
からだがなくなったら自由に近づけるんじゃないかしら。
単純に、科学で説明し得ない事柄って死後の世界ぐらいしかないような気がしてそう思っただけだけど。

この話、真面目に聞いててくれた人が居るんだけど、最後には「何か怖いしこの話もうやめようや」って言われた。
そう怖いの。
得体の知れないものに対して恐怖感を抱くのは当然よね。
子どもの時、地球は太陽系の中にあって、太陽系の中には9個の惑星が太陽を中心に回ってて、さらに惑星以外にも小惑星とか衛星とか彗星とかがあって、その太陽系の外にも銀河系が広がっててその上銀河系のむこうにもまだ宇宙が広がってて、しかもまだ膨張しているっていうのを聞いて眠れなくなった。
気が遠くなる位広いのに、人間が降り立てるのって月だけかー、と思った瞬間、人間なんて宇宙からしたら存在しないに等しい大きさしかないのかと思って何か絶望に似たことを思ったなぁ。

絶対的な自由って何だろうとか思う自分も宇宙規模で考えるとばかばかしくなる。

あーやっぱり文章にするんじゃなかった。
ツッコミ所満載だけど、そのツッコミ拾えない。

さらにバトン
2006年04月12日 (水) 21:57 * 編集
だいぶ前にまちゃゆきから回ってきてたバトン。
お題を自由に変えられるやつ。
わたしのお題は「CD」

Q1:PCもしくは本棚に入っている「CD」といえば。
   
ぇえ~数えるの面倒くさいよ。
100はないなぁ。数十枚。
最近JAZZとヴィジュ(最近のは全然詳しくないけど)のCDに加えて
KAT-TUNが入りました。


Q2:今妄想している「CD」
欲しいCDはいっぱいあるのよー。
ドルフィーはコンプリートしたいなぁ。


Q3:最初に出会った「CD」

中島みゆきの「空と君の間に」を買いました。
家なき子全盛期でした。


Q4:特別な思い入れのある「CD」

うーんと…
やっぱり「バードランドの夜」かなぁ。
あとはジャズフルートの存在を知った「ケリー・ブルー」
ジャズフルートの何たるかを垣間見たジェレミー・スタイグとビル・エヴァンスの「ワッツ・ニュー」
ウェスが愛しくて夜も眠れなくなった「オパス・デ・ファンク」

…あとマリスミゼルの「メルヴェイユ」…
いやあれめっちゃええねんて!

以上ですかね。
お題も思いつかないし、だいぶ前に回されたバトンなので次に回す人はなしで。
吹奏楽バトン
2006年04月12日 (水) 21:39 * 編集
久しぶりのブログ更新だからもう1件書いちゃおう。
タイムリーに昨日吹奏楽についてM井くんに熱く語っていたところだし。
というわけで「吹奏楽バトヌ」フロムいりゑ

1、あなたの吹奏楽部歴を教えて下さい
中1~高3、大学でちょびっと。
けっこう年季入ってるつもり。

2、あなたのパートは?
flute&piccolo
piccoloは吹奏楽の華。

3、なんで吹奏楽部に入ったの?
小学校のなんかのイベントに近くの中学校の吹奏楽部が演奏にきてくれて、とーにかく吹奏楽器に憧れたから。

4、今までにやった曲の中で一番好きな曲を3曲あげてください??
えっとー迷うなぁ。中学と高校で5曲ずつ選んでいい?うんいいよ。

~中学~
『ディズニーメドレーⅢ』
『はるか、大地へ』
『組曲「惑星」より「木星」』
『古典幻想曲』
『アルヴァマー序曲』

あと『吹奏楽のための民話』とか『大草原の歌』とか『プスタ』とか『序曲「祝典」』も懐かしいなぁ。定番だけど。
余談だけど中2のとき『プスタ』でコンクール出たら、講評で顧問の指揮が褒められてて笑った。

~高校~
『キャリオカ』
『ディズニーファンティリュージョン!』
『カルメン』
『THE ILIAD』
『SONG OF SAILOR AND SEA』

あと『ラプソディー・イン・ブルー』とか『水上の音楽』とか『白鳥の湖』とか『スパニッシュ・フィーバー』とか…あぁ数え切れない。

ディズニーのメドレーはどれも楽しかったなぁ。
『エル・クンバンチェロ』と『ティコ・ティコ』はpiccolo最強。

5、今までに聞いた曲の中でやりたいものは??
吹奏楽のための『神話』
『アルメニアンダンス』
『キャラバンの到着』
『ブルーリッジの伝説』
『組曲「道化師」』
『稲穂の波』
『道祖神の詩』
『レガシー』
『バレエ組曲「火の鳥」』
『センチュリア』
…まだまだいっぱいある!!

6、ユーホとチューバどっちが好き??
うーん、チューバかなぁ。
どっちも好きよ。

7、パーカスの事どう思う?
小物が楽しそうで羨ましかった。
高校のときはドラムセットやったんやけど中学の時はちゃんとしたパーカスで、みんなそれぞれの楽器に熟練していく様が面白かったなぁ。いやどの楽器の人もそうなんやけど。
なんていう奏法かわかんないけどタンバリンの縁をたーってやるやつ、スゴイと思った。トライアングルとかタンバリンとかカスタネットとかシンバルとか、誰でもやれるやろーと思うような楽器を絶妙のタイミングで入れるのに憧れた。

8、サックスうらやましい??
うーん。クラリネットの方が羨ましかったかな。
あとクラシックの時のホルン。マーチのホルンは羨ましくない。

9、自分ってパートで一番うまいと思ってた?&思う?
中学のときは全然思わなかった。むしろ客観的に見ても一番下手だったと思う。みんな上手かった。
高校のときは思ってた。piccoloもバリバリやったし。パートリーダーもやった。(その年の同学年の子が途中入部で初心者だったから。)


10、自分の楽器以外なんの楽器やりたい??
クラリネットかとろんぼん
 
11、自分の楽器以外になんの楽器やりたくない??
パーカス。機敏に動けないから。

12、クラシック好きですか??
大好きよ。

13、吹奏楽以外の楽器にやっていた&やっている楽器はありますか??(ピアノ、ギターなど)
4歳くらいから10年以上ピアノやってたけど特にモノになってない。
吹奏楽辞めてからはテナーサックス。


吹奏楽もう1回やりたいなー。
吹奏楽って無限の可能性を秘めていると思うのよ。
クラシックもジャズもポップスも自在にできる。最強。